新着情報

◆2016/12/21
何か国語話せれば日本語教師になれるのか?の情報を更新しました。
◆2016/12/21
文系大学の科目選択に迷ったらの情報を更新しました。
◆2016/12/21
日本の文化を伝える仕事の情報を更新しました。
◆2016/12/21
日本語教師に求められることの情報を更新しました。
◆2016/12/02
当サイト更新担当者を新規投稿しました。

何か国語話せれば日本語教師になれるのか?

日本語教師というと、外国人に日本語を教えるために複数の言語を話せるイメージが強いですね。日本語教師に関わらず、国際関係の仕事をしている人は、語学が堪能な人が多いです。では、日本語教師は日本語以外の言語にどれくらい精通していればいいのでしょう。

日本語教師の仕事

grega日本語教師の仕事は、外国人や日系人、在日外国人など、日本語以外の言語を母国語とする人たちに、外国語として日本語を教えるのが主になります。日本語が話せる日本人なら誰でも務まる仕事ではありません。
外国語として日本語を教えるというのは、国語を教えるのとは違います。文法や発音などの専門的な知識が必要になり、外国人に教えるテクニックやコミュニケーション力も要求されます。素人では、きちんと教えることはできません。
そのため、日本語教師になるためには、それなりの資格が必要になります。教員免許のような国家資格はありませんが、日本語教育能力検定試験や、大学の日本語教育科目の受講などが必要になります。
独学でも資格取得が可能なため、社会人になってからでも目指す人はいます。日本語能力検定試験の受験には受験資格がないため、誰でも受験することができ、間口は広い職業です。
ビジネス関係だけでなく、ポップカルチャーの影響で日本語を学びたいという外国人は増加傾向にあり、これからもますます日本語教師の需要が高まっていくと期待されます。

外国語を話せなくてもいい

日本国内で教えるのであれば、日本語を日本語で教えるという形をとることがほとんどです。特別に外国語を話せる必要はありません。英語も、苦手でも大丈夫です。
ただ、日本語を学ぶ外国人たちの言語に少しでも理解があれば、コミュニケーションをとるのにも役立ちます。それに、日本語との違いが分かれば、言語を比較してより分かりやすく教えることができるようになります。
外国で日本語教師になるなら、勝手は少し変わってきます。外国で教えるには、外国に住まなければいけません。滞在する国にもよりますが、生活をする上で、その国の言語をある程度話せなくてはいけません。
学生も、その国の人たちですから、コミュニケーションも、教える日本語の解釈も、ある程度はその国の言語でする必要があります。
ネイティブレベルが要求されることはありませんが、少なくとも日常会話レベルでは話せた方がいいでしょう。周りに助けてくれる人がいない場合は尚更です。まったく話せない場合には、つきっきりでなくても、通訳をしてくれたりと、助けてくれる人がいなければ厳しいです。

できればたくさんの外国語を少しずつ

trhs日本語教師になるには、複数の外国語を流暢に話せる必要はありません。日本国内で教えるなら、極端なはなし、英語がまったくできなくても大丈夫です。ただし、日本語教師になるための勉強をする際に、言語学は必須です。否が応でも外国語の知識はある程度身につきます。
日本語教師になりたいのなら、異文化や言葉が好きという人が多いのではないでしょうか。日本語や日本の文化を紹介したいという気持ちも大切ですが、相手を理解することも同じくらい大切になってきます。

広く浅くが望ましい

教える生徒は多種多様ですから、できればたくさんの国の言葉や文化を、広く知っていることが望ましいです。深い知識でなくても大丈夫です。楽しくコミュニケーションができたり、日本語を学ぶための助けになるようなことを、広く浅く身につけていれば、日本語教師という仕事はやりやすくなります。
日本語教師のお給料 https://xn--euts3n8lg6bk91h.jp.net/
>>日本語教師を目指している人におすすめ!